Twitterの送信メニューが無視される不具合について

Twitter公式アプリを最新にアップデートすると、Photo消しゴムの送信メニューで「Twitter」を選択しても、送信画面が表示されない(メニューの選択が無視される)状況が発生していることを確認しております。

本件について状況を詳しく調査したところ、次のようなことが判明しています。

  • 以前に動作確認済みの古いiOS(11.0)でもTwitterアプリを最新にアップデートすると問題が発生する。
  • 同じような方法で投稿処理を実現しているFacebookへの投稿は問題ない。
  • 「SNOW」「LINEカメラ」といった有名なアプリもPhoto消しゴムと同様にTwitter投稿ボタンが反応しなくなっている。

以上のことから、Twitter公式アプリの最新バージョンに何らかの不具合が発生しているか、あるいはTwitter公式アプリが意図的に今までの送信方法をサポートしなくなった可能性が考えられます。

もし「Twitter」を選択しても反応しない状況になっている場合は、次の方法でTwitterに送信できますので、こちらの代替方法をご利用ください。

  1. Photo消しゴムの送信メニューで「Twitter」ではなく「他のアプリ」を選択する。
    info023-1

  2. すると、送信可能なアプリの一覧が表示されるので、その中からTwitterのアイコンをタップする。
    info023-4

    Twitterのアイコンが表示されてない時は「その他」のアイコンをタップしてTwitterの表示スイッチをONにする。
    info023-2

    info023-3

今回の問題について、Photo消しゴムの処理を修正する(Twitterへの送信方法を変更する)か否かは、Twitter公式アプリの今後のアップデートの状況や、Twitter投稿機能を持つ他のアプリの動向などを見て少し慎重に考えたいと思います。

ご不便をかけて大変申し訳ありませんが、しばらくは代替方法で対応していただけますと幸いです。

今後何か進展がありましたら、随時報告いたします。

よろしくお願い致します。