カテゴリー別アーカイブ: 重要なお知らせ

Walking Player Version1.12がリリースされました!

iOS9に対応したWalking Player Version1.12がリリースされました!

旧バージョンのWalking Playerは、iOS9で動作させるとすぐにクラッシュする問題が発見されたため、9/16に急遽修正してAppleに審査依頼しました。今回の問題は致命的な問題のため、ダメ元でAppleに緊急審査依頼をしたところ、超特急の対応をしていただき、1日でリリースできました。Appleさんありがとうございます。

iOS9をご使用の方は、本リリースにアップデートしてご利用ください。

今後もWalking Playerをよろしくお願いいたします。

Walking PlayerのiOS9対応状況について(9/16更新)

※この問題は、Walking Player Version1.12で修正されました。
詳しくは、こちらを参照ください。

Walking PlayerのiOS9対応状況についてお知らせします。

申し訳ありませんが、現在のWalking Player(v1.11)は、iOS9に対応できておりません。iOS9にOSをアップデートすると、Walking Playerのアルバム選択画面等、ほとんどの画面でアプリがクラッシュする現象が発生します。
(最初のカテゴリ選択画面で、「全ての曲」を選択したときは、再生できる場合もありますが、それ以外の曲選択画面はほとんどクラッシュします。)

現在、最優先でこの問題の調査を実施しておりますが、修正アプリを作成してAppleに審査依頼してから、審査を通過してリリースされるまで、10日以上かかることが予想されています。(OSのメジャーアップ前後のこの時期は、多くのアプリが修正リリースするため、審査が大変混み合います。)

ご不便をおかけして大変申し訳ありませんが、Walking Playerを利用されている方は、次のiOS9対応版Walking Playerがリリースされるまで、iOS9へのアップデートは控えていただけますようお願いいたします。

原因が判明した段階で、もし何か有効な回避策があれば、引き続きこのサポートサイトでお知らせします。

ご迷惑をおかけして大変申し訳ありません。
よろしくお願いいたします。


(9/16追記)
本日、原因判明および修正物件作成が完了し、Appleに審査依頼を実施しました。今回の問題は最初の画面をタップするだけでクラッシュすることから、緊急審査のリクエストも実施しました。ただ、前回の報告にも書いている通り、この時期は審査が大変込み合うため、実際に緊急審査をしてもらえるかどうかは不明です。

原因は、昨年iOS8にOSがバージョンアップされた時とよく似ているのですが、今回もOSのバージョンアップに伴い、アートワーク画像を取得するAPIの動作が変化しており、アートワーク画像のないアルバムを表示する処理に影響を与えているためでした。ただ、前回は曲を再生するまで落ちることはなかったのですが、今回はアートワーク画像を使用する画面でアートワークがない場合は、必ずクラッシュするため、前回より致命的な不具合になっています。

回避策としては、前回のiOS8バージョンアップ時と同様に、全てのアルバムにアートワークを設定すればこのクラッシュ現象を回避できます。
アートワーク設定方法の具体的手順については、前回の報告である「iOS8でWalking Playerをお使いの皆様へ(不具合の対応状況と回避策について)」を参照してください。

なお、この問題以外に以下の軽微な問題も検出しております。

  • システムフォントが変更になっているため、一部の表示文字の表示枠幅が足りず、文字が切れて表示されることがあります。
  • 使用言語の判定に影響のある変更がなされているため、「使用方法」の画面やバックグラウンド再生停止の警告案内音声が英語になります。

これらの点も含めて修正済みでAppleに審査依頼しておりますので、iOS9対応版がリリースされるまで、もうしばらくお待ちください。

OSバージョンアップのたびにご不便をかけて申し訳ありません。
今後ともよろしくお願いいたします。

Walking Player Version1.11がリリースされました!

長らくご迷惑をおかけしましたが、Walking PlayerのiOS8対応が完了し、Walking Player Version1.11としてリリースされました。

今回のリリースは、iOS8への対応含め、以下の問題点が修正されております。
・iOS8で使用している時、アルバムアートワークのない音楽を再生すると落ちる問題を修正しました。
・iADのバナーをタップした時に広告が表示されない問題を修正しました。
・設定画面を表示しているとき、リモートコントロールが効かない問題を修正しました。
・テザリング中等、ステータス行が2行の時に画面レイアウトがずれる問題を修正しました。

今後ともご愛顧の程よろしくお願いします。

iOS8でWalking Playerをお使いの皆様へ(不具合の対応状況と回避策について)

※この問題は、Walking Player Version1.11で修正されました。
詳しくは、こちらを参照ください。

審査の混み具合から、11月初め頃審査完了&リリースと予想していましたが、本件については異例の早さで対応していただけたようです。
以下の内容は、過去バージョン(Version1.10)の参考情報として残しておきます。


iOS8でWalking Playerを使用すると落ちることがある現象について対応が大変遅くなっており申し訳ありません。

本日修正確認が完了し、Appleに修正アプリを提出したところですが、現在Appleの審査が大変混み合っており、審査に合格して修正アプリがリリースされるまでに最短でも11〜12日かかる見込みです。
(つまり修正版がリリースされるのは11月になる見込みです)

なお、原因が判明した結果、環境を調整すれば落ちる現象を回避できる場合があります。お手数をかけて申し訳ありませんが、お困りの方は、以下の回避策をお試しください。

【原因】
iOS7以前とiOS8で、アルバムのアートワーク画像を取得するAPIの動作が若干変わっており、アートワーク画像が取得できない場合のAPIの動作の変化がアプリに影響し、落ちる現象が発生します。

【回避策】
パソコンのiTunesを使って、各アルバムにアートワークを設定すると、落ちる現象を回避できる可能性があります。
ワートワークの設定方法は、以下の通りです。

  1. iTunesでアルバムまたは楽曲のタイトルを選択する。
  2. 選択タイトルを右クリックして表示されるポップアップメニューで[アルバムアートワークを入手]を選択する。
  3. 全てのアルバムにアートワークを設定後、iPhoneをパソコンに接続しiTunesのミュージックと同期する。

もし、[アルバムアートワークを入手]を選択してもアートワークが設定されない場合は、自分が持っている適当な画像や写真をアートワークとして設定することもできます。
手動の独自アートワーク設定方法については、以下のURLを参照してください。
(Windows)
http://support.apple.com/kb/PH12361?viewlocale=ja_JP
(Mac)
http://support.apple.com/kb/PH12161?viewlocale=ja_JP

以上、ご迷惑をおかけして申し訳ありませんが、よろしくお願いいたします。

Walking Player Version1.10がリリースされました!

Walking Player Version1.10がリリースされました!

今回のリリースは、GUIの大幅な強化を実施しています。

(主な強化項目)
・アイコンおよび起動画面を更新しました。
・iOS7のフラットGUIイメージに対応しました(iOS7のみ)。
・全体画面色がお好みで変更できるようになりました(iOS7のみ)。
・プレイリストやアーティスト一覧に代表的なアルバムアートワークを
表示するようになりました。
・再生順や設定テンポをピッカーで選択するようになりました。
・タイトルが長い時はスクロール表示するようになりました。
・再生中の曲のレベルメーターを表示できるようになりました。
(レベルメーターは、設定によりOFFにすることもできます。)
・その他、細かいレイアウト変更を実施しました。

新しいGUIイメージは「Walking Player 画面説明」を参照してください。

特にiOS7用の画面は、お好みの画面色に変更することもできますので、あなたの相棒として気持ちよく使っていただけるアプリになったと思います。ぜひ更新してお使いください。

Walking Player v1.02のiOS7上での動作不具合について

Walking Player v1.02をiOS7上で動作させた時の問題点を1点見つけました。
これは標準のミュージックプレーヤーでも共通に発生する問題で、iOS6.1では発生しません。
Walking Playerの動作を調査してiOS7のミュージックライブラリAPIに問題があることまで判明しているため、Appleにバグ報告して対応を待つ予定ですが、特別な条件での問題のため、Appleにはすぐに直してもらえないかもしれません。問題現象の説明と回避方法を「iOS7のミュージックアプリの動作不具合について」に記載しましたので、お困りの方がおられましたら、本記事を参考にしていただけますようお願いします。

Walking PlayerのiOS7対応について

2013/9/18(日本では9/19)に、iOS7(iPhone用最新OS)が一般公開されました。

Walking Player v1.02は、開発者向けプレリリース版iOS7での動作を確認済みです。
また、9/18に一般公開された正式リリース版iOS7上でも問題なく動作します。
※開発者向けプレリリース版iOS7と正式リリース版iOS7は、ビルド番号が同じで差分がないことを確認しました。

OSをiOS7にアップデートされる方は、Walking Playerも最新版にアップデートしていただけますようお願いします。

なお、Walking Player v1.02はiOS7上で動作させてもiOS6.1と同じGUIイメージで動作します。
iOS7用の新しいGUIイメージへの対応は現在開発中です。対応でき次第リリース予定です。

Walking Player Version1.02がリリースされました!

Walking Player Version1.02がリリースされました!

このバージョンでは、以下の修正が行われています。

  • iOS7対応準備
    iOS7(開発者用プレリリース版)での動作確認を行い再生不可判定や表示乱れの問題を修正しました。
  • Adjust playモードの自動テンポ調整仕様を改善しました。
  • ミュージックライブラリ変更通知を受けてもできるだけ再生を続けるよう仕様を改善しました。

10/18リリース予定のiOS7にOSをバージョンアップされる方は、Walking Playerもあわせてアップデートしていただけますようお願いします。

※本リリースは、iOS7で動作させても従来通りのGUIイメージで表示されます。iOS7の新しいGUIイメージへの対応は、iOS7正式リリース後対応予定です。

プレイ開始で音楽が再生されない、またはハングアップする件(Walking Player1.0)

Walking Player Version1.0において、まれに再生開始が失敗したりハングアップしたりする場合があることが判明しました。
本現象は、iPhoneのシステムプロセス(mediaserverd)の例外発生が引き金となっていることが判明しており、現在Appleに本システムプロセスの例外発生を回避する方法を問い合わせ中です。

本現象が発生した場合、以下の方法で回復できることが実験的に確認できております。
お困りの方はお手数をかけますが、以下の回復手順をお試しください。

  1. iPhoneの電源を一度落として、再起動してください。(スタンバイではありません。電源ボタンを長押しして電源オフを実施してください。)
  2. iPhoneが再起動されたらWalking Playerを起動し、曲を再生する前に初期画面右上のボタンをタップして設定画面を表示してください。
  3. テンポアナライザ設定をタップし、「バックグラウンド解析」の項目をOFFにしてください。
  4. 曲選択画面に戻り、テンポ表示が「No Data」となっている曲を選択してください。
  5. 選択した曲のテンポ解析が行われ、テンポ解析が完了してから曲が再生されます。
  6. 一度、曲再生が正常に開始されたら、その後は、「バックグラウンド解析」の項目をONに戻して、他の曲を選択してもかまいません。

本問題を暫定回避するために新しいバージョン(Walking Player 1.01)を作成し、現在Appleに申請中です。また、Appleから正式な回避方法について連絡があれば、必要に応じて正式対応バージョンもリリースしたいと思います。

何か進展があれば、またこのWebサイトで連絡します。

お手数をかけて申し訳ありませんが、よろしくお願いします。

(8/29 追記)
Walking Player Version1.01がリリースされました!